ページの先頭です。

2017/03/10 09:04

コラム

[週刊BCN 2017年03月06日付 Vol.1668 掲載]

北斗七星 2017年3月6日付 vol.1668

▼役所での取材が終了した後、職員から次のように告げられた。「実は今日、庁舎に爆破予告がきているんです」。外には複数のパトカー。予告時間は、取材終了から30分後。無事に逃げ切った。

▼自治体をターゲットとした爆破予告が、ここ何年か増加傾向にあるという。自治体のウェブサイトでは、情報公開のあり方を最適化するために、内容に対するコメントを送る機能を各ページで備えていることが多い。爆破予告は、その機能を使って送られてくる。犯人特定の手がかりはたくさんありそうだが、ドラマで定番の「海外のサーバーを経由しているので、犯人を特定できない」のごとく、追跡は難しいという。爆破予告犯のやりたい放題の状態にある。

▼爆破予告犯の特定には、情報セキュリティ業界のノウハウが生かせないか。ウイルスに感染させるかのように、ウェブサイト側から爆破予告犯にトラップを仕掛けるなど、住民に影響のない範囲で対処できることがあるはずだ。

▼自治体宛ての爆破予告は、実行されたことがない。爆破しないとなれば、自治体も警察も、気が緩んでくる。早期の犯人逮捕を望む。。(風)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)