ページの先頭です。

 システム開発ベンチャー企業「ヘッドウォータース」の代表取締役が書いた本。自ら実践する人材育成の哲学に基づき、SEが身につけるべき能力・スキルを説く。

 「何ももたない人間が、技術とチャレンジ・スピリットで勝負するというのは、日本人がもっとも得意とする戦い方のはずだった。しかし、ITの分野では、マイクロソフトやオラクルに匹敵するような企業は、日本からは誕生していない」という危機感が、この本を著す動機となったようだ。日本衰退の大きな要因は、技術者が「現状維持でも食べていけると思い込んでいる」ことにあって、このままでは大半のSEが不幸な末路を迎えると、警鐘を鳴らす。

 読み進んでいくと、ところどころに面白い表現があるのに気づく。曰く、「夜なきうどん屋には経営に必要な要素がすべて含まれている」。夜なきうどん屋を開業するには、屋台に設備投資し、原材料を仕入れて1杯いくらで売るか。接客も欠かせない。つまり、いくら腕のいい職人であっても、コスト管理、マーケティングをしっかり実行しなければ商売は成り立たない。これからのSEは、こうしたビジネスの感覚をもつ必要があるというわけだ。

 経営者は常に「人工衛星」であれ、という表現も目を引く。トップたるもの、高みに舞い上がったやる気が生涯落ちてこない人間でなければ勤まらないという。

 実体験に基づいているだけに、全篇を通じて有無を言わさぬ説得力をもって迫ってくる本である。(止水)

『生き残るSE 世界で通用する「ビジネス・エンジニア」の育て方』
篠田庸介著 日本実業出版社刊(1500円+税)


■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月29日付 vol.1642
SI論特集 脱下請けを考えてみた編 ニッポンのSIerが描く近未来像

2016年08月29日付 vol.1642 SI論特集 脱下請けを考えてみた編 ニッポンのSIerが描く近未来像

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)