ページの先頭です。

2012/11/08 09:12

コラム

[週刊BCN 2012年11月05日付 Vol.1455 掲載]

<いまさら聞けないキーワード>コロケーションサービス

【コロケーションサービス(colocation service)】
データセンターを運営する事業者が、システムを設置・運用するためのラックスペースや電源、通信回線などを顧客に提供するサービス。ハウジングともいう。

 データセンター(DC)事業者が、顧客にサーバーや通信機などの情報システム機器を設置するためのラックスペースや電源、通信回線などを提供するサービス。ハウジングともいう。場所貸しとして機器を預かるだけのサービスと、機器の運用・保守までをサービスに組み込んで提供する場合とがある。顧客は、自社で場所や設備を用意・運営するよりも安全で、コストを抑えることができる。

 コロケーションサービスは、従来、東西NTTなどの基幹通信網を保有する通信事業者が、その他の通信事業者のサーバーなどを専用の施設に預かり、低コストで高速通信を提供するサービスだった。しかし、近年ではインターネットの普及に伴う企業の通信回線需要の増大や、顧客のシステム構築・運営を一か所で効率よく行うことができることから、ISP(インターネットサービスプロバイダ)やSIer(システムインテグレータ)が、自前のDCを用意してコロケーションサービスを展開している。

 東日本大震災以降の首都圏の電力供給不足への懸念によって、急な停電が発生しても、DCの自家発電装置を使って、安定して電源を供給できるサービスとして注目されている。

 DCで利用される類似のサービスとしては、レンタルサーバーやホスティングサービスがある。これらは、DC事業者が用意したシステムの機能をインターネットを通じて使用する権限を与えるもので、顧客側で機器を用意する必要がないという点で、コロケーションサービスとは異なる。

 IDC Japanは、コロケーション/ホスティングサービスなど、DCアウトソージングの2012年の国内市場規模を前年比9.9%増の1兆1298億円、11年~16年の年平均成長率を7.6%と予測している。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)