ページの先頭です。

2011/06/17 10:17

コラム

OSS、光の裏にリスク

 最近、オープンソースソフトウェア(OSS)関連の情報に触れるケースが増えています。

 OSSのデータベース技術者認定試験の開始、「Open Office」を大量導入する自治体の増加、33種類のOSSを一括サポートするサービスの登場……。

 先日、品川に行ったら、JR品川駅の大量のデジタルサイネージをLinux最大手のレッドハットが占拠。港南口に続く道は赤一色に染まっていました。

 ベンダーに依存せずに、低コストで自由度が高いシステムをつくることができるOSS。技術力と知識は必要ですが、利用価値は大きいと感じています。

 しかし、よいことだけではありません。「オープンなのだから自由」というわけではなく、OSSにはOSSのルールがあります。リスクもあります。OSSのコアユーザーにとっては当たり前でも最近手を出した人は知らないこともあるはずです。

 5月30日、「オープンソースライセンス研究所」という団体が設立されました。OSS普及の足かせになる可能性が高い、ある問題の解決に取り組む団体の一つです。その問題とは「OSSのライセンス」。一歩間違えば、訴訟にもつながる大きな問題です。

 OSSの最新事情と、なぜこの団体が誕生したのか、OSSのリスクとは何かをまとめました。ご一読ください。(木村剛士)

【記事はこちら】
OSS、便利だけれどリスクも覚悟で 正しい理解、今こそ必要
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2011.6.17」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)