ページの先頭です。

2012/06/20 10:18

コラム

レノボ・ジャパンの新社長に聞くパソコン事業

 スマートフォンやタブレットなどの情報端末が普及したことで、パソコンの需要も多様化しつつあります。ヒューレット・パッカード(HP)やデルなどの大手メーカーは、パソコン事業に加えてサービス型ITソリューションの分野を有望とみて、事業の拡大を図っています。

 大手パソコンメーカーのなかで、ソリューション事業に取り組まない企業があります。世界市場で2番目のシェアを握る中国大手のレノボです。レノボは中国でスマートフォンやテレビの事業を手がけるなど、製品のポートフォリオを拡大していますが、これまで同様、あくまでも「箱売り」を方針に掲げています。

 日本法人のレノボ・ジャパンの社長が、4月1日付で交代しました。かつて日本IBMでノートパソコン「ThinkPad」の事業に携わってきた新社長の渡辺朱美氏は、『週刊BCN』のインタビューで「今後もパソコンに注力する。ソリューション事業を立ち上げるつもりはまったくない」と、揺るぎない戦略を語りました。

 レノボは、世界の大手メーカー。スケールメリットを生かすことで、パソコンの開発コストを抑えることができます。他社より高い利益を出し、パソコンを魅力的な事業とみています。あえてソリューション事業に取り組まず、成長を続けている点で、レノボはユニークな企業だと思います。(ゼンフ ミシャ)

【記事はこちら】
<KeyPerson>レノボ・ジャパン 社長 渡辺朱美
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2012.6.20」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)