ページの先頭です。

2012/07/17 10:17

コラム

カリスマの父を超える方法

 企業に存在するデータの量が日々増えていくなかで、ユーザー企業が求めるのはデータ処理の高速化です。ここに、大量データの高速処理技術をもっているメーカーがいます。その名もずばり、高速屋。従業員30人と小規模ながら、日本25件、米国10件、欧州2件、中国3件という特許保有数には驚かされます。創業者、新庄敏男氏の偉業です。

 新庄敏男氏は、技術者の間で「カリスマ」といわれていました。創業者に憧れて高速屋に入社した技術者もいるほどです。『週刊BCN』でも取材をしたことがあります。

 新庄氏は、2010年に心筋梗塞で他界されました。会社は息子の新庄耕太郎氏が継ぐことになったのですが、耕太郎氏はカリスマではありません。いろいろと悩んだ末、社員のモチベーションを高め、会社を成長させる方法を見出しました。いま、父とはまったく違うスタイルで、父を超えようとしています。耕太郎氏のこれまでの人生とこれからの人生を取材しました。(佐相彰彦)

【記事はこちら】
<インタビュー>高速屋 代表取締役社長 新庄耕太郎 チーム力を生かす第二創業期 高速処理の分野で世界制覇
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2012.7.17」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)