ページの先頭です。

2012/08/02 10:42

コラム

まだまだ続くDCへの投資競争

 野村総合研究所(NRI)が関西地区に第3世代データセンター(DC)の建設を検討しています。この背景には、事業継続管理(BPC)や災害復旧(DR)需要の高まりがあり、NRIには、省エネ型の最新設備を投入することで「競争力を高める」(NRIの室井雅博専務)ことを狙います。

 NTTデータの山田英司副社長も「BCPとDRのニーズは高い」として、大都市圏で依然として不安定な電力供給事情や、地震などの災害に備えて、IT投資の拡大が見込まれる、と話しています。

 とりわけ電力事情の悪化や東京電力の料金値上げは、エネルギー効率が高いDC活用を喚起する可能性があり、NRIのDC増設への動きは、こうした市場動向を見定めてのことのようです。

 NRIは、今年11月に都内で最新鋭の第3世代DCが竣工する予定で、この完成を待たずに、早くも次の関西地区でのDC建設の検討を始めるというのですから、よほど強い手応えを感じているのかも知れません。

 誤解を恐れずにいえば、DCは冷蔵庫やクーラーといっしょで、新しければ新しいほど省エネ効果が高い設備です。最新の省エネ技術を用いることができるからなのですが、それだけに、今後も主要SIerやITベンダーによる高効率DCへの投資競争はこれからも続くものと思われます。(安藤章司)

【NRIによる関西新DC検討の記事はこちら】
野村総合研究所(NRI)、関西地区に最新鋭DCの建設を検討
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2012.8.2」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)