ページの先頭です。

2012/08/09 10:10

コラム

生産技術の革新に意欲

 NTTデータの岩本敏男社長は、長野県の諏訪出身。幼い頃、社会見学で当時諏訪にあったカメラメーカー、ヤシカの工場を訪れました。当時最新鋭だった生産ラインに沿って、多くの人が流れ作業に従事していました。ベルトコンベアの上で、次々と人の手で部品を組み込んでいく姿に、岩本社長は「すごい!」と感動を覚えたそうです。

 こうした労働集約的な生産ラインは、さすがに今では時代遅れ。しかし岩本社長は、実は現代の情報サービス業は、まさに40年以上前の「旧態依然とした生産方式の上に成り立っている」とみています。だからこそ、今年6月のトップ就任と同時に、ソフトウェア生産の自動化を重点分野の一つに掲げ、技術革新に力を注いできました。すでに一部プログラムのテスト工程で自動化を実践し、およそ40%の工数削減を達成。今後は開発工程でも段階的に適用する方針を示しています。

 技術革新には「負」の側面もあります。ベルトコンベアの横で流れ作業に従事する仕事が激減したように、手作業のソフト開発の仕事は、コストや生産性との折り合いからより一段と減る可能性が高いのです。

 それでも岩本社長は、生産技術の革新を進めなければ、ITで立ち後れ、「日本の産業そのものの競争力が損なわれかねない」と強い危機感をもって臨んでいく方針を示しています。(安藤章司)

【自動化関連の記事はこちら】
アクセンチュア、モビリティサービスを国内で本格展開、テスト環境を自動化するTaaSなどを提供
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2012.8.9」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)