ページの先頭です。

2012/08/28 10:14

コラム

ゲーミフィケーションで業務システムを革新

 調査会社のガートナーが、2014年までに米『フォーブス』誌の「Global 2000」企業の70%以上が「ゲーム化 (ゲーミフィケーション)」されたアプリケーションを少なくとも一つは導入しているだろう、という予測を発表しました。少し長いのですが、プレスリリースを引用します。

 「企業は、求人や研修、社員のパフォーマンス向上のためにゲーミフィケーションを社内的に利用しつつある。社外関係者を顧客ロイヤリティ、マーケティング、教育、革新の活動に参加させる目的にも有用であるとともに、顧客、社員、ウェブ利用者など、どのような関係者グループでも、ゲーミフィケーションの対象になり得る」。

 実は、業務システムにゲーミフィケーションを活用する事例はそう多くありません。マーケティングや研修など、分野に偏りがみられるのが現状です。そんななか、気になる存在が「日本初のゲーミフィケーション専門会社」を謳うITベンチャー企業、アソビエです。ゲーミフィケーションの活用を通じて、人事評価や顧客管理、在庫管理などの業務システム上の課題解決を目指しています。安部一真代表取締役CEOは、「米国のBudgevilleやBunchballなどのサービスは、ウェブマーケティングの分野に偏っていて、顧客の心をどうつかむかに焦点を当てている。当社は、そうした領域にも関わるが、メインはエンタープライズの分野。社内の人材教育や業務管理などにゲーミフィケーションを活用したい」と話します。

 安部CEOは経済産業省出身で、「社会にイノベーションを起こすサムライの創出」を掲げる任意団体、サムライ・イノベーションを設立した後、アソビエのCEOに就任したという異色の経歴のもち主。ゲーミフィケーションを通じて、日本企業の業務システムをいかに革新するのか。事業にかける思いを聞きました。(信澤健太)

【記事はこちら】
異色のゲーミフィケーション専門企業、アソビエの目指すもの
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2012.8.28」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)