ページの先頭です。

2012/10/02 10:31

コラム

クラウド時代もパートナーを重視

 今年に入って、サイボウズのクラウドへのシフトが鮮明になっています。昨年11月21日にクラウドサービス「cybozu.com」の提供を開始して以来、利用企業は6か月で1000社を突破。9月26日に開催したクラウド事業に関するプライベートイベント「cybozu.comカンファレンスII」で、青野慶久社長は「(クラウドに対して)死ぬくらいの思いで投資している」と決意を語りました。

 ですが、急激なビジネスモデル転換の裏では、パッケージビジネスで収益を上げてきたパートナーからはクラウドを不安視する声が上がっていました。クラウドへのシフトは、中堅・中小企業(SMB)市場でサイボウズを支えてきたパートナーの離反を招く可能性がありました。

 「cybozu.comカンファレンスII」は、こうした状況を踏まえたものだったようです。内田洋行の朝倉仁志執行役員は、「2年前に青野社長から『クラウドをやる』と言われて、ちょっとネガティブな気持ちになっていた」と吐露しました。それでも、「パートナー関係をどうしようかと悩んだが、解決の糸口は顧客の声だった」として、引き続き、サイボウズのパートナーとしてクラウドビジネスに携わると宣言しました。

 同日、サイボウズは、業務アプリケーション構築クラウド「kintone」の販売体制強化の一環として、「kintoneパートナー認定資格制度」の新設を発表しました。パートナー重視の姿勢を、改めてメッセージとして発信したイベントでした。(信澤健太)

【記事はこちら】
サイボウズ、イベントでパートナー幹部が登壇、クラウドビジネスの不安を払拭
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2012.10.2」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)