ページの先頭です。

2012/10/03 10:11

コラム

冷静であれ

 9月中旬、中国各地で起きた反日デモの映像は衝撃的でした。政治レベルでの応酬だけでなく、民間レベルでも反日感情が爆発したわけですが、これは根本的なところで日中関係が以前より悪化していることを意味しているのでしょうか。

 冷静にみれば、長い冷戦の時代を経て、中国が改革開放路線に転じたのを契機に経済交流が始まり、とくにここ数年の間は、両国の関係は確実に深く、広くなり、お互いにその存在を認め合ってきたはずです。

 IT業界に関していえば、日本と中国のITベンダーは、ともに中国市場の開拓を目指して、太いパイプをつくってきました。今年8月、『週刊BCN』が中国・上海で日中のIT協業について取材したところ、すでに日中のITベンダーが共同でビジネスを展開し、成功を収めている事例が生まれていることがわかりました。

 こうした深い関係は、数年前には考えられなかったことです。中国の巨大なIT市場を開拓するには、お互いの補完関係が不可欠という意識は、確実に根づきつつあります。その意味で、日中関係は進化・深化しています。

 中国でビジネスを手がける日本のITベンダーには、「冷静であれ」というメッセージを送りたいと思います。いまは不安定でも、それは日中関係の致命的な悪化を意味しているわけではありません。照る日があれば、曇る日もある。東アジアの明日は晴天にしたい。(ゼンフ ミシャ)

【記事はこちら】
<パートナーの力を生かす“5か条”>【Part 1 日立システムズ】中国ビジネスの先駆企業 地場ベンダーと組んで「介護」と「クラウド」に注力
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2012.10.3」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)