ページの先頭です。

2012/10/16 10:18

コラム

グローバル仕様か日本仕様か

 2010年頃、現在SAPの傘下に入っているサクセスファクターズが本格的に日本市場の開拓に乗り出しました。他の外資系ITベンダーも同様に、ここ2年ほどタレントマネジメントシステムの売り込みに励んでいます。企業を取り巻く経営環境は劇的に変化しており、この変化に対応できる人材の確保、育成は喫緊の課題。タレントマネジメントシステムは、問題意識をもちながらグローバル化への対応を進める企業に主に受け入れられてきたようです。

 タレントマネジメントというと、外資系ITベンダーに注目が集まりがちですが、国内ITベンダーも積極的な動きをみせています。日本企業ならではの雇用形態や人材育成への姿勢を踏まえて開発した製品で、あえて「タレントマネジメント」と謳っていないものも少なくありません。

 どちらが正解というわけではありませんが、日本のユーザー企業の間では、当面、試行錯誤が続くことになりそうです。国内ITベンダーからは、「例えば、グローバルに展開する金融企業は、各国の事情に合わせた商品を開発しているので、当然、国別に異なる人事評価制度をもつケースが出てくる。一方で、そんな企業でも役員層はグローバルで統合管理したい、また、中間層もある程度は統一基準でスキルを評価できるようにしたい、というジレンマがみられるようになるだろう」との声も上がっています。(信澤健太)

【記事はこちら】
「人材管理」は日本の実情に合わせる! 国内アプリベンダーの攻勢が始まる
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2012.10.16」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)