ページの先頭です。

2012/10/17 10:12

コラム

文化財の復旧に貢献

 東日本大震災では、東北地方の文化財もまた大きな被害を受けました。例えば、昨年9月に宮城県が公開したところによると、地震や津波によって、県内の指定文化財のうち、建造物や美術工芸品、天然記念物など、285件がダメージを受けたそうです。

 宮城県では各地の博物館や資料館が連携し、共同会議を開いて被害の関連情報を共有しながら、文化財の復旧作業に取り組んでいます。震災発生から1年半が経った現在でも復旧作業は終わらず、山ほど仕事が残っているそうです。そんな文化財レスキューに力を入れている博物館の一つが、仙台市内から電車で十数分の多賀城市にある東北歴史博物館です。

 東北歴史博物館は、震災前から管内システムの刷新を検討していましたが、震災の経験をきっかけに、昨年6月、新しいシステムの導入を決断。新システムによって、バックアップの確認作業にかかる時間を短縮し、システムの管理に携わる職員が、より多くの時間を文化材の復旧作業に割くことができるようになりました。

 下記リンクから、文化材の復旧に貢献するITの姿をご覧いただけます。(ゼンフ ミシャ)

【記事はこちら】
<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>東北歴史博物館 バックアップの確認作業を効率化 浮いた時間を震災後の文化財レスキューに活用
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2012.10.17」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)