ページの先頭です。

2013/01/31 10:06

コラム

ダブルパンチのソフト開発業界

 円安傾向が強まると苦しくなるのが、オフショアソフト開発です。日本のオフショア開発の約8割は中国に発注しており、「中国なしには日本の情報サービス産業は成り立たない」(SIer幹部)といわれるほど。

 ただでさえ、中国沿岸部は年率10%程度で人件費が上昇しており、円安に振れると円換算ベースの単価高騰は避けられません。まさに、人件費高騰と円安のダブルパンチというわけです。

 「じゃあ、ベトナムやミャンマー、インドなど、コストを抑えられそうな地域へ移ればいいじゃないか」という意見も聞かれますが、これも実はそれほど簡単なことではなさそうです。

 調査会社のガートナー ジャパンは、中国には対日オフショア開発に従事したことのある人材が、大連に約7万人、北京に約4万人、上海に約3万人規模でいるとみています。日本語や日本の業務システムをある程度理解した人材を万人単位で育成するのは時間がかかりますし、日本のITベンダーが、今すぐ欧米ベンダーのように英語ベースで業務を進められるかといえば、それも難しそうです。

 現実解としては、比較的人件費の安い中国内陸部に軸足を移して時間を稼ぎつつ、5年から10年をかけて、中国以外で日本向けのソフト開発の人材を育成するしかありません。

 国内のSE・プログラマの生産性向上が叫ばれるなか、オフショア開発の助けなしには、生産性向上の達成は不可能に近い。残された時間は、それほど長くはありません。(安藤章司)

【中国関連記事はこちら】
日中情報サービス産業の未来 新しい協業のあり方を探る
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2013.1.31」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)