ページの先頭です。

2013/02/21 11:05

コラム

目まぐるしく変わるアジアビジネス

 中国で、日系SIer(システム・インテグレータ)による営業活動が再び活性化しているようです。昨年9月の日中関係の悪化以来、事実上、自粛してきたセミナーや懇談会などを、春節(旧正月)明けから相次いで再開。日系SIer関係者からは、「外部環境の変化にだいぶ慣れてきた」という声も聞こえてきます。

 その一方で、ASEANへの拠点開設が勢いよく進んでいるのも事実です。

 直近だけでも、野村総合研究所(NRI)が今年1月にタイに拠点を開設したのに続き、新日鉄住金ソリューションズ(NSSOL)やDTS、電通国際情報サービスも、今年3~4月にかけてタイやインドネシアに営業拠点を開設する予定です。

 このほか、人月単価が中国・大連のおよそ半額といわれるベトナム、さらに安いミャンマーにオフショア拠点を拡充する動きも活発化しています。

 これは、いわゆる「チャイナ・プラス・ワン」の流れなのか、広域化するアジアビジネスへの対応なのか、為替や物価、賃金が目まぐるしく変化するアジア市場へ適応なのか、あるいはすべてをひっくるめた動きなのかは、今後より注意深く見極めていく必要がありそうです。(安藤章司)

【関連記事はこちら】
国内有力ITベンダー ASEAN地域を重要地域に定める 複数の社長が方向性を明言
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2013.2.21」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)