ページの先頭です。

2013/03/27 10:04

コラム

拡大する中国のビッグデータ市場

 オラクルやIBM、富士通、日立製作所など、国内外の大手メーカーは、昨年から大量データの処理に適した垂直統合型システムの開発と販売に力を入れています。

 このタイミングは偶然ではありません。中国やインド、ASEANを中心とするアジアの新興国では、速いスピードで都市化が進み、政府や自治体では、市民の安定した都市生活を実現するために、交通やエネルギー供給、治安、福祉などの分野で大量の情報の処理・活用が課題になっています。

 ある国産メーカーの幹部は、「国内よりも海外を狙っている」と話しています。もちろん、国内でも展開していますが、外資にしろ国産にしろ、国内では導入が伸びないのが現状です。

 そうしたなかで注目されているのは、垂直統合型システムを基盤とするデータ処理のニーズが旺盛な中国です。中国のビッグデータ市場は、2016年までに100億元(約1500億円)に拡大することが見込まれています。最近の動きを現地で取材しました。(ゼンフ ミシャ)

【記事はこちら】
中国のビッグデータ市場 100億元のビッグビジネスに成長 日系ベンダーは魅力市場の開拓に挑め
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2013.3.27」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)