ページの先頭です。

2013/09/06 10:12

コラム

ベトナムの雄

 日系ITベンダーのオフショア開発先は、中国が全体の約8割強を占めています。しかし、最近は中国の人件費の高騰や政治衝突などのリスクを考慮して、インドやASEAN諸国が注目を集めています。

 そのなかでも、ベトナムは最大の注目株。情報処理推進機構(IPA)の『IT人材白書 2012』によると、「今後のオフショア開発で新たに検討している国や興味のある国」で、ベトナムを選択したITベンダーは31.5%と、中国やインドを抑えて1位でした。

 そのベトナムのなかで、最大手のソフトウェアアウトソーシング企業として知られているのが、FPTソフトウェアです。大手日系ITベンダーが、「ベトナムでのオフショア開発を検討する際には、まずFPTソフトウェアを思い浮かべる」と口を揃えるほどの知名度を誇ります。

 FPTソフトウェアは、1999年の設立からわずか十数年で、従業員が5000人を超えるまでに成長してきました。グエン・タン・ラム社長に、同社の「日本企業に特化したビジネスモデル」をうかがいました。(真鍋武)

【記事はこちら】
FPTソフトウェア 社長 グエン・タン・ラム
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2013.9.6」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)