ページの先頭です。

2014/01/06 10:26

コラム

これからの提携先

 あけましておめでとうございます。年末年始はどのように過ごされましたか?家の大掃除、親戚回り、初詣、旅行と、さまざまな過ごし方があったかと思いますが、なかには日頃の疲れを癒すために寝正月という方もいらっしゃったのではないでしょうか。

 中国に行かれた方もおられるかと思います。本土の上海、北京、西安、四川、本土以外でしたら台北、香港でしょうか。ただ、これら以外にも、これから機会があったらぜひ訪れてほしい都市があります。

 先日、中国東北部、吉林省の延辺朝鮮自治州を訪れました。気温は氷点下と寒いのですが、空気は非常に澄んでいます。ミネラルウォーター資源が豊富なほか、お米が非常においしい。出張でしたので実現しませんでしたが、観光で行くのなら、長白山や中露朝三国国境地帯が有名です。

 延辺は、いま、サービスアウトソーシングを産業の柱に据えようと延吉高新技術開発区でIT関連企業の誘致に取り組んでいます。これまでオフショア開発先の代表的だった大連は、現在は人件費などのコストがかさんで、日系企業は、新たなオフショア開発先を探さなければならない状況なのです。

 そこで『週刊BCN』は、これから成長する可能性の高い中国東北部への取材を敢行。各都市にそれぞれ特徴があって、観光だけでなく、ビジネスにも適しています。延辺以外にも、吉林省の長春、遼寧省の瀋陽と丹東を取り上げて特集にしました。(佐相彰彦)

【記事はこちら】
<中国のIT地方都市を歩く>♯5 遼寧省 瀋陽・丹東、吉林省 長春・延辺 コスト・人材・市場に強みをもつ中国東北部 対日オフショア開発の新たな受け皿を形成
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2014.1.6」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)