ページの先頭です。

2014/06/09 10:17

コラム

違う角度から本流に乗る

 液晶ディスプレイなどを使ってデジタルコンテンツを配信するデジタルサイネージ。いまでは街の至るところで見かけます。小売店や銀行、複合施設での商品・サービスのPR、受付で自社製品を紹介している企業もあります。

 情報提供という点では、企業が自社の社員向けに社内情報を配信するのにも適しています。このことにいち早く目をつけたサイバーステーションは、一般のオフィスをターゲットに、社内の情報共有活発化を目的にデジタルサイネージシステムを提案しています。同業他社が、小売業や金融機関などの顧客に対してコンテンツを配信するユーザー企業での導入が多いのに対して、サイバーステーションは一般オフィスでの導入が8割を占めています。

 かつて、販促ツールとしての効果がわかりにくいとして、なかなか導入につながらなかったデジタルサイネージシステム。サイバーステーションはほかの切り口を考え、一般オフィスへの提供という方法を導き出しました。現在では、顧客向けへの情報配信ツールでも案件を獲得しています。スタッフ教育でシステムを導入した小売店が、販促ツールとしても導入したいという要望があるようです。違う角度から攻めた結果、本来の用途が浸透し、その流れに乗ることができたということです。(佐相彰彦)

【記事はこちら】
サイバーステーション 情報共有にデジタルサイネージ 売上高は前年度比150%の見込み
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2014.6.9」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月12日付 vol.1644
失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

2016年09月12日付 vol.1644 失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)