ページの先頭です。

2014/12/15 10:24

コラム

時代に即したサーバー

 台湾大手のコンピュータメーカー、クアンタ・コンピュータが、日本法人を設立しました。クアンタ・コンピュータは、「Quanta」ブランドでサーバーやストレージ機器、ネットワークスイッチなど、ハードの開発・販売に特化した企業。厳しいといわれるハードウェアの世界で、3兆円規模の売り上げで成長し続けています。高性能で、安いことが人気の秘密です。

 日本法人クアンタ・クラウド・テクノロジー・ジャパン(QCTジャパン)は、日本で「Quanta」を拡販することがミッション。設立記念のパーティには、以前から「Quanta」製品を取り扱う国内の販売代理店も参加していました。他メーカー製のサーバーも売るその販売代理店は、「『Quanta』は今の時代に即したサーバー」と評価していました。

 最近は、クラウドサービスを提供するデータセンター(DC)事業者が性能の高い低コストサーバーを探していて、「Quanta」はそのニーズにぴったりあてはまるというのです。「Quanta」が日本でどのような存在になるのでしょうか。サーバーメーカーが多い日本で、業界の再編が進みそうな気がします。(佐相彰彦)

【記事はこちら】
台湾大手コンピュータメーカーのクアンタが日本法人を設立
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2014.12.15」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月19日付 vol.1645
マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

2016年09月19日付 vol.1645 マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)