ページの先頭です。

2016/01/21 10:00

コラム

新電力向けビジネスで重視されるポイントとは

 4月からの電力小売りの全面自由化で、SIer各社の新電力向けのビジネスが活性化しています。NTTデータは博報堂と組み、TISは関電システムソリューションズとの協業を強化するなど、連携の動きも盛んです。

 ただ、いかんせん電気を仕入れる価格はどこもほぼ同じ。極端に安く売れず、電気という商品の性質上、差異化も難しい構造にあることから、やはり磐石な顧客基盤をもつ既存の電力会社が有利とみられています。

 4月以降、新電力が存在感を発揮していくには、既存電力より大きな顧客基盤を生かした規模のメリットや、ポイント還元などの“お得感”をどこまで打ち出せるかにかかっています。

 つまり、新電力向けのシステムで重要視されるのは、電力計算といった基本的な機能ではなく、マーケティングの機能や“お得感”を顧客に伝えられるような仕組みだといえそうです。(安藤章司)

【記事はこちら】
TISとKSーSOL、電力CIS「NISHIKI」の販売代理店契約を締結
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.1.21」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)