ページの先頭です。

2016/02/16 10:06

コラム

ソフトウェアで世界に出る

 グローバル市場で存在感を発揮しているITベンダーは、残念ながらそれほど多くないというのが実態です。ソフトウェア、とくにビジネスアプリケーションの領域では、それが顕著です。国産ERPの雄であるワークス・アプリケーションズの牧野正幸・代表取締役CEOは、次世代ERP「HUE」でそうした状況を打破したいという構想を明らかにし、ゆくゆくは「売上高を3000億円規模に押し上げたい」としています。ただ、結果を出すまでには少し時間がかかりそうです。

 クラウドが浸透し、グローバルなインフラ/プラットフォームサービスを利用すれば、ビジネスアプリケーションのメーカーとして、世界で勝負できる可能性があるのは確か。事実、それほど大規模なメーカーでなくても、グローバルにSaaS商材を展開しようという構想が出始めています。国産ベンダーがグローバルでもっともっと暴れてくれることを期待したいところです。(本多和幸)

【記事はこちら】
テンダ 日本発のグローバルソフトベンダーを目指す 新クラウドサービスの「TEんTO」を軸に
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.2.16」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)