ページの先頭です。

2016/02/25 10:00

コラム

失うものは「オーナーとしてのこだわり」だけ

 「日本一の延長線上には世界一は見えなかった」と話すのは、米独立系大手データセンター(DC)事業者のエクイニクスの傘下に入った、ビットアイル(現ビットアイル・エクイニクス)創業社長の寺田航平氏です。

 今から16年前にゼロから立ち上げたビットアイルは、独立系DC事業者では国内トップクラスの優良企業に成長しました。ただ、そこから「世界一」への道のりは、エクイニクス傘下に入ることが最も近道と判断したとのこと。

 米エクイニクスによる330億円あまりの買収価格の提示は、旧ビットアイルの株主に満足のいくもので、なおかつ「独立系」の看板を掲げたまま世界一への道も拓ける。もし、失うものがあるとすれば、それは「私のオーナーとしてのこだわりくらいなもの」(寺田社長)だと。

 手塩にかけて育て上げたビットアイルのオーナーシップを手放しても、ビットアイルには世界に羽ばたいてほしいと願う複雑な思いがにじんでいました。(安藤章司)

【記事はこちら】
エクイニクス・ジャパン 代表取締役 古田 敬 日本をDCハブの拠点にする
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.2.25」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)