ページの先頭です。

2016/03/17 10:00

コラム

「賃貸アパート」を好む日本のユーザー

 データセンター(DC)の場所を借りるとき、「サーバー・ラック」の単位で借りるのか、ある面積を「ゲージ(柵)」で囲って借りるのか、いずれかの方式を選べることが多いのですが、日本のユーザーは「ラック単位」の方を好むのだそうです。

 DC大手のエクイニクス・ジャパンは、外資系だけあって海外の顧客も多いのですが、「日本の顧客はラックを選ぶケースが多く、海外顧客はゲージが圧倒的に多い」と、話しています。

 ゲージの中は、たとえDCの職員でも許可なく入ることはできません。その点、ラックはDC職員や他社のスタッフが、ラックの前後に設けてある共有通路を普通に行き来します。いってみれば、ゲージは戸建て、ラックは賃貸アパートといったところでしょうか。

 日本国内のDCならアパート型でも十分に安全性が保たれるのですが、海外の顧客は、世界のさまざまな安全レベルの国や地域に進出している経験上、「DCはしっかり囲えるゲージ方式を選ぶべき」と決めているケースが多いのだとか。

 その点、日本のシステム担当者自身の家も賃貸アパートだったりすることから、賃貸慣れしているのかもしれませんね。(安藤章司)

【記事はこちら】
エクイニクス・ジャパン、東京第5DC「TY5」を開設、旧ビットアイルとの統合的な運用を推進
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.3.17」より

★会員登録していただくと、本コラム掲載のメールマガジンをお読みいただけるほか、セミナー・イベント情報の投稿など、特典満載です。まだの方は、ぜひご登録ください(無料)。

・会員サービスのご案内
・新規会員登録
■本コラムについて
 毎日発行しているメールマガジン「Daily BCN Bizline」の冒頭を飾る「今日のひとこと」をWebに転載したものです。IT業界紙「週刊BCN」編集部の記者がIT関連のニュースや業界動向について、日々の取材の合間に感じたことを思いのままに綴ります。

※本コラムの内容は筆者の個人的感想に基づくもので、BCNおよび週刊BCN編集部の公式見解ではありません。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月12日付 vol.1644
失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

2016年09月12日付 vol.1644 失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)