ページの先頭です。

2011/09/29 09:11

コラム

[週刊BCN 2011年09月26日付 Vol.1400 掲載]

アジア版ダボス会議って知ってました?

【大連発】ダボス会議といえば、スイスで毎年開催される世界の経済人のサミットだ。かつては、この会議での大物経営者の発言で、IT市場の方向が決まるほどの影響力をもっていた。そのアジア版が大連で開かれた。会議の存在を知ったのは、つい先頃、メルコホールディングスの牧誠社長と話をしている時だった。牧さんは、これまで中国の事業展開にあまり熱心ではないように見受けられた。

▼「中国に興味がないわけじゃない。アジア版ダボス会議には、もう今年で5回目の参加になりますよ」「へぇ、スイス以外にそんな会議があるんですか」。今年は9月14~16日に大連で開かれた。昨年は天津で開催。2007年の第1回を大連で開いて以来、毎年交互に開催している。この会議を中国に引っ張ってきた功労者は温家宝首相だ。今年は1700名が参加した。

▼温家宝首相の話をまとめると、今年の課題は、貧富の差をなくすこと、汚職をなくすこと、公害問題に取り組むことの三つだ。牧さん曰く、「実に明解な内容で堂々としている。死ぬ覚悟ができているように見受けられるね」「温家宝首相はすごい。質問に対して、ここまで答えてもいいのかと思うほどの内容を、ずばり言い切るんですよ」。そして、その通りのことが起きているから、すごいという。牧さんは、温家宝さんのファンのようだと感じられた。

▼牧さんは17日には大連市内のBUFFALOの販売店を表敬訪問し、現地販売店の社長に二つの質問をした。一つは、中国の人が好む商品について。二つ目は日本を訪ねたいと思うか、だ。満足のいく答えが出るまで、熱心な質問が相次いだ。実績を上げた販売店を日本への旅行に招待する企画のようだ。「中国各地の販売店と提携してBUFFALO販売店会をつくります」。牧さんの中国事業展開は本気印だ。(BCN奥田喜久男)

大連のオリンピック電子城にあるBUFFALOの販売店を視察する牧会長(左から二番目)

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年05月23日付 vol.1629
ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

2016年05月23日付 vol.1629 ICTが導く教育の現在と未来 大手ITベンダーのビジネスからみる

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)