ページの先頭です。

2012/08/09 09:11

コラム

[週刊BCN 2012年08月06日付 Vol.1443 掲載]

侮るなかれ、ミャンマーの潜在能力

【ミャンマー発】初めて訪ねる街はいつもワクワクする。そこへ向かう前には、人口、GDP、観光地などの基礎情報を収集する。勝手に、その街をイメージする。ミャンマーの元の首都ヤンゴンは貧困な田舎の都市だろうと想像して訪ねた。ところが、驚いたのは、こざっぱりして文化を感じさせる空港施設だ。ここまでは前号でお伝えした。

▼街を歩いて驚き、ホテルやレストランで驚き、トイレに入って感心し、次々と新鮮なサプライズが更新されてゆく。人々の民度の高さを感じる。ただし、ソフト会社を訪問をすると、開発環境は貧しい。きっと開発者の技術レベルも、開発の仕組みもまだ入り口だろうなという印象を抱いた。2000年代前半の中国で訪ねた開発会社のレベルと同じくらいと思える。

▼ミャンマーは現在、日進月歩で進化している。円と現地通貨のチャットとの両替の方法や為替レートも変化している。例えば、7月18日現在の空港にある両替所は1ドル=860チャット、ホテルは800チャットで、空港が有利だ。事前情報では「空港の両替レートは最悪」とあった。街の写真を例にとってみよう。どの国の街にもいろいろなレベルがある。そのうちのどの写真を見るかで、受ける印象はさまざまだ。掲載した交差点の写真は、平均的な街の風景といってよい。クルマ文化で、自動車の数が多い。ヤンゴン市内にオートバイが走っていないのは、禁止されているからだ。建物は狭い道幅の両側に古くて壊れそうな5階建て雑居ビルもある。五つ星ホテルともなると、中国の五つ星のそれと比べても劣らない高水準のサービス度だ。先進国との経済交流が盛んになると、ミャンマーはアジアにおける“おもてなしニッポン”の競争相手になるのではないか。早い時期にミャンマーの潜在能力を認識しておこう。(BCN社長・奥田喜久男)

都会を感じさせるヤンゴンの交差点

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)