ページの先頭です。

2012/08/23 09:11

コラム

[週刊BCN 2012年08月13日付 Vol.1444 掲載]

コスプレサミットを観てみんとて

【名古屋発】『世界コスプレサミット』を観に行った。今回で10回目を重ねるイベントで、所は名古屋・栄にあるオアシス21の野外ステージだ。

▼会場には熱気が渦巻いている。参加者は1万8000人という。舞台で踊る出演者を取り囲む大半の観客は、自身もコスプレに身を固めている。当方は、どのコスプレを見てもちんぷんかんぷんだが、肌が多めに露出したコスプレイヤーを見ると、思わずドキッとして、目を逸らすことになる。カメラを向ける勇気が出てこない。

▼どうも意気地のない写真ばかりで、当日、私は浮き足立っていたようだ。でも居心地は悪くなかった。参加国は、中国、韓国、アメリカ、ドイツ、フランス、フィンランド、ロシア、オーストラリア、イタリア、スペイン、デンマーク、メキシコ、イギリス、タイ、オランダ、ブラジル、シンガポール、マレーシア、インドネシア、そして開催国日本の20か国。立派な世界のサミットだ。今回の優勝国は日本で、2回目だ。

▼第1回は2003年、大須に近いホテルで開催された。パソコン量販店のグッドウィルとテレビ愛知が企画して、イタリア、ドイツ、フランスのコスプレイヤーを招聘した。提唱者の一人である田中満祐さんは言う。「大須夏祭りのイベントとして企画した。最初のスポンサーはブラザー、今では経産省もオフィシャルパートナーです。大きくなりました」。

▼演者は、2分30秒の持ち時間を日本語で演じる。各国訛りの日本語で、アニメのワンシーンを演じる。コスチュームは手づくりで、立派なでき映えに拍手が沸く。今回から、WCSという新会社が運営を一手に引き受けた。アニメ王国日本の元気パワーはまだまだ世界を巻き込んで、ボルテージを上げそうだ。ガンバレ、世界コスプレサミット。(BCN社長・奥田喜久男)

おじさんには、どのコスプレを見てもちんぷんかんぷん。だが、会場の熱気は十分に伝わってきた

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月12日付 vol.1644
失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

2016年09月12日付 vol.1644 失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)