ページの先頭です。

2012/10/11 09:11

コラム

[週刊BCN 2012年10月08日付 Vol.1451 掲載]

新しい東京駅と本紙のリニューアル

【東京駅発】子どもの頃、岐阜の田舎から初めて東京へ出てきた時、わくわくしながら、お上りさんをした記憶がある。2012年10月1日、東京駅がリニューアルオープンした。早速、出かけた。

▼駅舎をバックにしてカメラに向かってポーズをとっていたら、「奥田さーん」と声がかかった。「おや、東洋経済新報社の山田雄大さんじゃないですか」。聞けば、八重洲口側にある会社に帰る途中、わざわざ丸の内側に回って駅舎を見にきたとのこと。「お互いお上りさんですね」と大笑い。『週刊BCN』は来週発行の10月15日号(通巻1452号)で創刊31周年を迎え、それを機にリニューアルを行う。リニューアルつながりで『旅の蜃気楼』に東京駅の写真を載せようと思って、カメラ片手にやってきたのだ。

▼新聞の創刊当時の話だ。貧乏で記者の数が少なくて、いわんや外部に原稿を依頼するお金もなくて……、でも埋まっていないスペースが目の前にたくさんある。さてどうするかと悩んだ挙句、妙案が浮かんだ。「そうだ、ペンネームがいい」。ペンネームをいくつもつくって、切り口の異なるコラムを書こう。書き続けるうちに、褒められる記事もあって、もしかしたら自分は名コラムニストではないかと、うぬぼれたりもする。実際には失敗作のほうがはるかに多いけれど。

▼ニュース記事を書くのに比べて、コラムには集中力が求められ、書き終えたらがっくりと疲労感に襲われる。だけど、出来がよければ、「やった!」という感じだ。こうして書き続けているうちに1451回を数えた。今号をもって、『旅の蜃気楼』の新聞への掲載は最終回とします。よくぞここまできたものだ。読者の皆様の励ましがあって、やっとたどり着きました。心から感謝しています。これから先はネットでつぶやく予定です。

 Old soldiers never die.(BCN社長・奥田喜久男)

東京駅をバックに写真を撮っていたら、偶然、旧知のマスコミ人から声がかかった

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)