ページの先頭です。

2016/02/18 09:23

コラム

[週刊BCN 2016年02月15日付 Vol.1616 掲載]

<駐在記者・真鍋武が体験したリアルな中国>春節も爆竹なく

 春節(旧正月)がやってきた。春節の風物詩といえば、花火と爆竹だ。しかし上海では今年1月、大気汚染や火災防止のために「上海市花火・爆竹安全管理条例」の改訂版が施行され、環状高速道路「外環線」の内側では全面的に花火と爆竹の使用が禁止された。これまでも春節時には部分的に禁止になっていたが、今回の全面禁止は未曽有の措置となる。上海に住む中国人は、「たくさんの花火と爆竹をみるのが毎年恒例の楽しみだっただけに、非常に残念」と不満を漏らした。禁止エリアでは爆竹の販売店も撤去されており、違法に販売した場合は罰金を科すなどの措置が取られている。

上海の中心部では、花火と爆竹が全面禁止に

 今回の全面禁止は、春節期間の一時的な措置でなく、今後もずっと続く。中国では、結婚式や新居への入居の際に花火・爆竹が使用されることが多いが、これも今後は不可能になる。代替として、例えば上海市虹口区では、婚姻届を申請すると、電子爆竹を配布する取り組みを2月から行う予定。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月19日付 vol.1645
マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

2016年09月19日付 vol.1645 マーケットの輪郭がみえてきたFinTechの現在地

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)