ページの先頭です。

2016/03/03 09:30

コラム

[週刊BCN 2016年02月29日付 Vol.1618 掲載]

<駐在記者・真鍋武が体験したリアルな中国>買えない自動販売機にサヨナラ

 自動販売機でしかみかけないお気に入りのジュースがある。しかし、購入しようとお札を入れようとしても、受け付けてくれない。お釣り用の小銭が不足しているのだろう。よく見ると「紙幣停止」と表示されている。小銭はもっていない。あきらめた。何日間も同じ状況が続いた。これでは買いたくても買えない。中国で自販機が普及してこなかった理由の一つだと思う。

 しかし、状況は変わりつつある。最近では「支付宝」「微信支付」などの決済サービスに対応する自販機が増えてきた。キャッシュレスで購入できるのだ。また、省スペースで24時間販売できるため、人件費高騰などを受けて自販機の需要が拡大している。富士電機は、2月に中国の合弁会社を通して、現地向け自販機の増産に向けた設備投資(4億円)を実施。現在の倍となる年間5万台の生産体制を構築する。近場にできた同社製の自動販売機は、きちんと「支付宝」に対応していた。

富士電機製の自動販売機はもちろん「支付宝」対応

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月21日付 vol.1654
アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

2016年11月21日付 vol.1654 アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)