ページの先頭です。

2016/03/10 09:26

コラム

[週刊BCN 2016年03月07日付 Vol.1619 掲載]

<駐在記者・真鍋武が体験したリアルな中国>懐かしのガシャポンが上海に

 最近、上海の地下鉄駅構内で、懐かしさを感じるものをよく目にする。ガシャポンだ。コインを入れて取っ手をガチャガチャと回すと、カプセルに入った商品がでてくる機械である。バンダイ製のガシャポンらしく、ガンダムやドラゴンボールなど、日本の商品をそのまま販売している。

 しかし、中身を見てみると、残念ながらほとんど売れていない。唯一、半分程度売れていたのは、「かばんにつけてねこあつめ」という猫のキーホルダーだった。

 売れないのには理由がある。まず、高い。日本でガシャポンといえば、1回100円、高くても200円が普通。しかし、上海では安いもので20元(約350円)、高いものは30元(約525円)もする。これでは安易に手が出せない。さらに、使い勝手が悪い。中国には100円硬貨がないので、10元札や20元札をコインに交換してから機械に投入する仕組みになっている。これでは手間がかかる。改善すべきところは多いようだ。

地下鉄駅構内に設置されたガシャポンはあまり売れていない

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月08日付 vol.1640
中国市場再認識 変貌する巨大IT 市場と向き合う

2016年08月08日付 vol.1640 中国市場再認識 変貌する巨大IT 市場と向き合う

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)