ページの先頭です。

2017/04/19 09:04

コラム

[週刊BCN 2017年04月10日付 Vol.1673 掲載]

パラレルス 代表取締役 下村慶一氏の行きつけの店
赤坂見附駅から徒歩1分『板前寿司』

甕入りの焼酎が外国人に好評

 パラレルス代表取締役の下村慶一氏のおすすめは、オフィスからすぐの寿司店「板前寿司」だ。下村氏のもとには、海外からの来客も多く、おいしいお寿司が食べられる同店は「重宝している」とのこと。また、甕(かめ)に入った焼酎は、外国人には珍しいようで、「寿司と並んで好評」なのだという。

 昨今、「健康志向が進んだ欧米人がお酒を飲む機会はめっきり減った」と話すが、それでも“うわばみ”はいるもの。パラレルス本社幹部のロシア人のなかには、本国のロシア酒の度数が全般的に高いせいか、「お酒に強い」と自負している下村氏をもってしても、「レベル感がまるで違う人がいる」とか。

 こうした事情を勘案して、ロシアの高度数のお酒に比べれば、適度なアルコール度数の焼酎や日本酒がメインの「板前寿司」が、目下の行きつけの店になっているようだ。(寶)


東京都港区赤坂3-8-17 パンジャパンビル1階~2階
03-6659-7288
夜4000円程度

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)