ページの先頭です。

2009/10/30 15:30

店頭流通

ヤマダ電機、池袋三越跡地に日本最大級の新店オープン、長蛇の列と人だかり

 ヤマダ電機(一宮忠男代表取締役社長兼代表執行役COO)は10月30日、三越池袋店跡地に「LABI(ラビ)1 日本総本店 池袋」(東京・豊島区)をオープンした。10時の開店前に行われたオープンニングセレモニーには、同社イメージキャラクターで俳優の高嶋政伸さんや、豊島区副区長らが出席。一宮社長とともにテープカットを行った。

高嶋政伸さん(写真中央)や一宮忠男社長(右から2番目)、午前5時半から並んだ男性(右)などが、オープンを記念してテープカットした

 「LABI1 日本総本店 池袋」は、同社の都市型店舗のストアブランド「LABI」の16店舗目として開店。売り場面積約7000坪、商品点数150万を揃えた巨大店舗となる。一宮社長は、「総本店という名前が表すように、当社のすべてのノウハウとインフラを結集させた最大の店舗。商品を展示するだけでなく、来て、見て、触って、生活シーンを重ねて体感できるようにした」と同店のコンセプトを説明。「この店を見ずして家電は語れないという意気込みでオープンした」と自信を示した。

正面入り口は、多くの人でごった返した

 また、俳優の高嶋政伸さんは、「池袋は、小劇場から大きな劇場、そして映画館もある刺激的で大好きな街。そこに大好きなヤマダ電機がオープンし、わくわく・ドキドキして胸が高鳴っている。池袋は、ますます目が離せない街になる」と挨拶。そして、「特にテレビコーナーは、350台という日本一の品揃えに圧倒された」と店内を回った感想を語った。

高嶋政伸さんは「池袋は、ますます目が離せない街になる」とコメントした

 同店は、「家電の柱」であるテレビやレコーダー売り場を1階に配置。携帯電話売り場は2階、パソコン売り場は4階に設けている。なお、旧「LABI 池袋店」は、11月6日に「LABI1 池袋モバイルドリーム館」として新装オープンすることから、今後は、家電のメイン店舗を「LABI1 日本総本店 池袋」、携帯電話などモバイル機器のメイン店舗を「LABI1 池袋モバイルドリーム館」として、池袋エリアは「2館体制」で臨む。

「この店を見ずして家電は語れないという意気込みでオープンした」と意気込みを語る一宮社長

 当日は、「LABI1 日本総本店 池袋」オープンの特価品を求める人々で、店舗を囲むように長蛇の列ができた。10時30分時点で店内や行列を作る人々の数は約1万5000人。正面入り口付近の歩道は、行列などの人だかりで埋め尽くされ、通行人の足を止めていた。

 一方、対面のビックカメラは、午前10時のオープン前から、数名の店員が路上で特価品をアピールするチラシを配布。ヤマダ電機オープン後は、配布人員を増強し、対抗していた。

店舗の脇の路地に並ぶ人々(10月30日の午前10時30分頃)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月21日付 vol.1654
アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

2016年11月21日付 vol.1654 アジア最後のフロンティア ミャンマーITビジネスの実際

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)