ページの先頭です。

2010/07/29 09:05

[週刊BCN 2010年07月26日付 Vol.1343 掲載]

店頭流通

MARSHAL リフレッシュHDDの販売に注力

 MARSHAL(三原修社長)は、再生品HDD「リフレッシュHDD」の販売に力を入れる。2010年5月には、ラインアップを拡充。従来の日立グローバルストレージテクノロジーズ製品ベースのPATAインターフェースのHDDに加え、Western Digital製品ベースのSATAインターフェースのHDDを数多く投入。事業に着手した09年2月から1年間で1万5000台を販売したが、ラインアップを拡充した今年は8万台を目標としている。なぜ今、リフレッシュHDDなのか、三原社長に聞いた。

在庫管理で安定供給を実現

 「リフレッシュHDD」とは再生品HDDのことで、価格の安さが魅力。再生品とはいえ、メーカーやメーカー認定工場で新品と同レベルの試験をクリアしている。HDDは年間約5億~6億台が出荷されているが、不良品としてメーカーに返ってくる製品も莫大な数にのぼる。そのうち「約半分ほどが問題なく動作する製品」(三原社長)だという。三原社長はそこに目をつけ、MARSHALの親会社でHDD販売のフィールドスリーで、08年からリフレッシュHDDを積極的に販売してきた。

 「リフレッシュHDDの日本での認知度はそれほど高くないが、ここ数年の経済状況悪化の影響で、『少しでも安く手に入れたい』という需要があり、販売台数が伸びている」(三原社長)という。そこで、リフレッシュHDDの一部を、HDDケースをはじめとするパーツブランドとして認知度の高いMARSHALブランドで販売することにした。

 リフレッシュHDDは、メーカーに戻されたHDDを提供することから、供給が安定しない。しかし同社は、MARSHALブランドとして一定量の在庫をもつことで、安定した供給を実現している。「メーカーの協力を得て、こうした展開ができるのは、フィールドスリーでHDDのビジネスをずっとやってきたから。これがMARSHALの強みだ」と、三原社長は語る。

 とはいえ、リフレッシュHDDには、まだ課題も多い。MARSHALのリフレッシュHDDは、中古PCショップなどのほか、PCパーツ店に出荷し、個人にも販売している。専用コーナーを設けている店舗はまだ少なく、「リフレッシュHDDと認識せず、安い新品と思って買っていくユーザーもいるのでは」と、三原社長は危惧する。また、動くか動かないかだけをチェックして出荷する中古品との違いを、ユーザーにどうアピールしていくかもポイントだ。まずはリフレッシュHDDの存在をユーザーに認知してもらい、そのメリットを理解してもらうことが、今後の販売拡大のカギとなるだろう。(武井美野里)

MARSHALブランドのリフレッシュHDD

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月25日付 vol.1638
法人向けWindows 10 搭載PCが普及へ

2016年07月25日付 vol.1638 法人向けWindows 10  搭載PCが普及へ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)