ページの先頭です。

2010/08/05 09:05

[週刊BCN 2010年08月02日付 Vol.1344 掲載]

店頭流通

リンクスインターナショナル アップル周辺機器の販売に本腰 全社売り上げの50%まで拡大へ

 PCパーツの代理店事業を展開してきたリンクスインターナショナル(リンクス、川島義之代表取締役)が、2010年3月、アップル製品の周辺機器を販売する台湾メーカーOZAKIの日本総代理店となった。今後は従来のPCパーツに加え、アップル周辺機器の販売に注力する。「11年早々には、アップル周辺機器を全社売り上げの50%までにもっていく」(石塚大治・取締役営業部長)と、急速に拡大させる方針を示している。

 これまでリンクスの主力取り扱い製品だったPCパーツは、市場の縮小が進んでいる。そこで同社は、利益を確保するための新規事業として、PCパーツとはジャンルの異なるソーラー充電池「iCharge」を、08年11月に発売。積極的に展示会に出展するなど、一から営業をかけ、取り引きのあるPCパーツ店に加え、家電量販店、携帯電話ショップ、TSUTAYAなどの販売チャネルを開拓してきた。

 石塚取締役は、「この開拓の過程で、PCパーツ以外の営業の方法を学んだ」という。さらに、さまざまな業種の人たちと関わるなかで、「アップル製品の周辺機器が今後伸びる」と確信。1年ほど前から、取り扱いの検討を開始し、10年3月にOZAKIの日本総代理店となった。

 OZAKI製品の強みは、他社製品にはない“突き抜けた特徴”をもっていること。例えば、竹でできたiPadケースやUFO型のiPhone/iPod touch用スピーカーなど、奇抜なデザインを採用する製品を多数ラインアップする。iPhone用のシリコンケースも、他社製品より軽いなどの特徴をもつ。

 OZAKI製品の販売チャネルの拡大については、まず、「PCパーツを取り扱っていない大型量販店に入れていきたい」(石塚取締役)という。また、「iCharge」の経験を生かしてさまざまな業種の展示会に積極的に出展し、認知を高めていく。すでに一部の製品は、オモチャ販売のトイザらスやファッションのエンポリオ・アルマーニの店舗で取り扱っており、今後は「多くの人に手に取っていただけるよう、ホームセンターや大手スーパーマーケットに販路を広げていきたい」(石塚取締役)としている。10年度中にアップルストアに置くことも目標だ。

 今後リンクスは、OZAKIだけでなく、取り扱うアップル周辺機器メーカーの間口を広げ、その売り上げを「11年の早い段階で、全体の約半分にまで拡大したい」(石塚取締役)と、目標は明確だ。(武井美野里)

竹製のiPadケースとiPad/iPhone/iPod touch用のスタイラスペン

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)