ページの先頭です。

2010/10/14 09:08

[週刊BCN 2010年10月11日付 Vol.1353 掲載]

店頭流通

インクジェットプリンタ4社 多彩な機能で操作性を追求 印刷ニーズの喚起がカギを握る

 年末の年賀状需要に向けて、8~9月、主要メーカーがインクジェットプリンタの新製品を発売した。各社の製品の特徴からみえる今年のトレンドは、「使いやすさ」。ボタンが光って操作手順を案内する、PCがなくてもプリンタ本体だけで印刷できるなど、デジタル製品に詳しくないユーザーでも簡単に使うことができる機能を盛り込んでいる。


 インクジェットプリンタ「ピクサス」が、誕生10年目を迎えたキヤノン。これを機にロゴを刷新し、製品をフルモデルチェンジ。6モデルを発表した。上位2モデルにはタッチパネル式のボタンを装備し、印刷やコピーの操作手順を発光して知らせる機能を備える。「高付加価値を提供することでシェア50%程度を狙える」(佐々木統・専務取締役コンスーマイメージングカンパニープレジデント)と強気だ。

 セイコーエプソンは「カラリオ」で、複合機5モデルと単機能機1モデル、フォトプリンタ2モデルを揃える。上位2モデルにはタッチパネル式のボタンを搭載。また、4モデルはキヤノンと同様、操作手順をボタンが光って知らせる機能を備えている。「もうプリンター選びに、迷わない」をコンセプトに掲げる。キヤノンとエプソンは、誰でも簡単に使えるよう、操作性を向上するという堅実な製品戦略をみせる。

 一方、ワールドワイドでトップシェアをもつ日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、PCなしで印刷できる新機能、「メール de プリント」と「アプリ de プリント」を「革新的な技術」(挽野元・執行役員イメージング・プリンティング事業統括)とアピールする。「メール de プリント」は、プリンタに付与したアドレスにメールを送信すれば印刷ができる機能。また、「アプリ de プリント」は、クラウド上にあるコンテンツにアプリケーション経由でアクセスして印刷する機能だ。複合機4モデルで、シェア向上を狙う。

 ファクス付きの複合機に強みをもつブラザー工業は、新機能として、無線でファクスを送受信する新シリーズ「マイミーオフリー」を投入。電話子機の充電器を兼ねた通信ボックスを電話線につなげば、室内のどこにでもにプリンタを設置できる。子機付き複合機8モデル、ファクス付き複合機1モデル、複合機2モデルをラインアップし、主要メーカーのなかでは最も多い製品数で勝負する。日本HPとブラザーは、独自機能を前面に打ち出すことで他社との差異化を図る。

 インクジェットプリンタ市場は、キヤノンとエプソンの二強体制が長く続いている。「BCNランキング」8月のメーカー別販売台数シェアは、キヤノンが44.2%、エプソンが40.6%だった。今後、スマートフォンやスレートなど、大画面で文書や画像を閲覧できる端末の台頭によって、紙の印刷量が現在よりさらに減少する可能性がある。各種端末からの印刷はもちろん、デジタルカメラの写真など、ユーザーの潜在的な印刷需要を業界全体で喚起していくことが、市場伸長のカギを握るだろう。(井上真希子)

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)