ページの先頭です。

2011/06/09 20:32

店頭流通

ヤマダ電機、中国・天津本店オープン前日に会見、持ち株会社の設立を明らかに

【天津発】ヤマダ電機は、6月9日、海外2号店となる中国・天津の「天津本店」のオープンを翌日に控え、記者会見を開催した。山田昇会長兼CEOがオープンの意気込みを語りながら、中国事業を統括する持ち株会社の設立と、中国語のウェブ通販サイトの立ち上げを明らかにした。

6月10日オープンの「天津本店」

 ヤマダ電機天津本店は、昨年12月オープンの瀋陽店に次ぐ2店舗目。山田会長兼CEOは、「瀋陽店は計画を上回る好成績を収めている」とアピールしたうえで、「その実績をもとに、天津本店で中国に家電量販店としての新しい方向性を示したい」と述べた。また、天津本店のオープンを機に、中国市場でチェーン展開を加速する方針を明らかにし、以前から掲げる「3年間で5店舗」が計画通りに進む見通しを示した。中国での売上高は、3年間で1000億円規模を目標としている。

山田昇会長兼CEO

 中国事業を統括する持ち株会社は、「山田電機(中国)投資有限公司」の名称で北京に設立した。スタッフは現段階で20人。「中国現地に根ざし、地域社会とともに成長していく」としている。

 中国語でのECサイトのオープンは、天津本店と同じ6月10日を予定しており、「どこよりも安いスペシャル価格を目指す。価格に加え、品揃えと物流機能を備え、店舗と同様のサービスを提供していく」(一宮忠男社長兼COO)。物流は、瀋陽と天津の店舗を効果的に使って、どの地域でも翌日納品できる体制を整える。

一宮忠男社長兼COO

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)