ページの先頭です。

2010/09/16 09:06

[週刊BCN 2010年09月13日付 Vol.1349 掲載]

店頭流通

【頂上熱戦】「ヘッドホン・イヤホン」(後編) オーディオテクニカとソニー

 本連載「頂上熱戦」では、2社のIT・家電メーカーに“同じ内容の質問”を投げかけ、その回答を紹介する。(前編)では「製品戦略」を、(後編)では「販売戦略」を問う。

Question. 販売戦略は?

【共通質問事項】 (1)販促施策 (2)目指す方向性 (3)市場のこれから



Answer.オーディオテクニカ

黒田哲雄
ゼネラルサポート部
営業企画課
マネージャー
(1)【販促施策】販売店では、その製品が得意とする音域やドライバの設計などに現れる「製品の個性」がわかるような展示方法を心がけ、ユーザーベネフィットを示していきたい。また、試聴コーナーは長年売り場に設置しているので、これからも続けていく。さらに、例えば、ポップな色合いのモデルだけを集めたコーナーなど、そのときのトレンドを反映した展示をしたいと考えている。他社と協力して、トータルな売り場づくりを目指す。

(2)【方向性】形状別ではポータブルタイプが主流なので、カナル型イヤホンとヘッドバンド型ヘッドホンに力を入れていく。低音に強みをもつカナル型の「SOLID BASSシリーズ」は継続して展開し、どんな音楽でも心地よく楽しめるカナル型「ATH-CKM55」のような、オールラウンドな主力モデルとともに、販売単価アップを狙う。5000円から1万円の価格帯の製品を拡充していく方針だ。

(3)【市場の今後】前回紹介したスポーツ向けモデルのように、これまでにない新しい価値をもつ製品を投入することで、新規市場を開拓していく必要がある。それには、製品だけでなく、それを使うとどのようなメリットがあるのか、お客様に利用シーンを提示することが欠かせない。こうした取り組みで、例えば、主婦層や高齢者層など、現在カバーできていないユーザーを取り込みたい。新規市場の構築は、当社だけでなく、業界全体で取り組んでいく必要があると感じている。


Answer.ソニー

佐野孝典
AVペリフェラルMK課
統括課長
(1)【販促施策】7月から行っている施策として、女性向けのカナル型イヤホン「Jienne(ジェンヌ)」のプロモーションが挙げられる。コンセプトは“女性の横顔を美しく見せる”こと。携帯電話専用サイトの開設や、女性ファッション誌『CanCam』とコラボレーションして、期間限定オープンのカフェに製品を置くなど、訴求したいユーザーに向けてアプローチした。販売店では、製品写真を印刷したフィッティングカードと鏡を揃え、装着したイメージがつかめるように工夫を凝らした。

(2)【方向性】ターゲットの細分化が顕著になっており、いわゆる4P「製品(Product)」「価格(Price)」「流通(Place)」「プロモーション(Promotion)」をユーザーに合わせて展開することが不可欠だ。また、接続先の機器と利用シーンを複合的に組み合わせたソリューションとして提案していく方針だ。それには、当社が資産としてもつAV技術を、製品を横断して応用する必要があり、部署間の連携が重要になってくる。

(3)【市場の今後】ヘッドホン・イヤホンはコモディティ化していく製品で、単価の下落はこれからも避けられないだろう。しかし、携帯オーディオやスマートフォンなど、ヘッドホン端子を備えるモバイル端末が普及することで、市場は今後も成長していくと期待している。また、ターゲットの細分化が一層進むことによって、ユーザーが求めている製品をメーカーが提供しやすくなり、市場はより活性化していくと予想している。(井上真希子)

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)