ページの先頭です。

2010/03/11 10:33

[週刊BCN 2010年03月08日付 Vol.1324 掲載]

解説

開発進むクラウド基盤「XCP」 Amazon EC2互換のソフト実装も

 OSS仮想化ソフト「Xen」のコミュニティのなかで立ち上がった「Xen Cloud Platformイニシアチブ」は仮想化ソフト、OS、各種管理ツール、APIをフルスタックで提供するクラウド基盤「Xen Cloud Platform」の開発を進めている。XenのアドバイザリーボードであるVA Linux Systems Japan技術本部の高橋浩和本部長にXCPの現在の開発の動向について聞いた。

高橋浩和本部長  現状、クラウドを実現するようなパッケージ製品が存在しないため、いざ自社でクラウドサービスを始めようと思っても簡単には実現できないという。構築やメンテナンスを含めて自社ですべてを行いたいユーザー企業に対して、オープンソースでクラウドサービスが実現できるようにしようとしているのがXCPだ。大手仮想化ソフトベンダーでも商用ソフトの開発が進んでいる。

 高橋本部長は、「APIの開発が進んでいるので、いろいろなクラウドサービスと互換性のあるサービスが実現できる」と話す。クラウドでは、データセンターで非常に多くのエンドユーザーのシステムを動かすことになる。これまでは数十台規模の物理マシンを仮想化ソフトで管理する程度だったが、クラウド用に開発されたソフトにより、1000台規模の物理マシンを管理できるようになるという。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年07月18日付 vol.1637
クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

2016年07月18日付 vol.1637 クラウド業務ソフト 新興ベンダーの最新戦略 両雄のビジネスは新たなフェーズに

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)