ページの先頭です。

2010/03/18 10:30

[週刊BCN 2010年03月15日付 Vol.1325 掲載]

解説

日本IBM クラウドの流通・再販モデルを構築

 日本IBM(橋本孝之社長)でITベンダーとの協業ビジネスを指揮する中核組織「パートナー&広域事業」部門が、中堅・中小企業(SMB)市場向け事業で新施策を展開する。パートナーのサービス・ソリューションの流通・再販モデル「サービス・オリエンテッド・パートナリング(SOP)」を新たに考案し、今春から本格的に開始する。ITベンダーが、日本IBM製のハードやソフトを使ってITサービスを企画・開発、販売する仕組みや支援体制をつくることで、パートナー網を増強。自社のハードとソフトの販売に結び付ける算段だ。

岩井執行役員率いるSMB事業部門が考案

 「SOP」は、ITベンダーが日本IBM製品を活用して開発したクラウドに代表されるITサービスの流通・再販制度。2010年1月に新設された「パートナー&広域事業」部門が考案した。ITサービスの「企画」「開発」「販売」「保守サービス」などの各フェーズで役割を担うパートナーを新たに組織。SMBに強いパートナーのITサービスを支援することで、中堅・中小規模の企業に向けて自社のハードとソフトを拡販するのが狙いだ。

 具体的には、日本IBMから製品を調達してサービスを開発する「ビジネスプロバイダ」と、アプリやミドルウェアを開発する「ソリューションベンダー」、それを再販する「サービス・インテグレータ/リセラー」と呼ぶパートナーを新たに募集して組織する(図参照)。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)