ページの先頭です。

2010/09/02 09:15

[週刊BCN 2010年08月30日付 Vol.1347 掲載]

解説

ゾーホージャパン 「Zoho CRM」で中堅・中小開拓

 クラウド型ソリューションやネットワーク管理関連製品を販売するゾーホージャパン(山下義人代表取締役)は、SaaS関連の業界団体「SaaSパートナーズ協会」と協業した。同協会が提供するプラットフォームから「Zoho CRM」を提供。ITコーディネータを介して、地域の中小企業に対してサービス拡販するとともに、ソーシャルメディアを通じて企業内の営業パーソンの「Zoholics」(=ゾーホーのファン)を増やしていく計画だ。

 ゾーホーは、オフィスソフトやCRMを提供するクラウド型サービス「Zoho」を2007年に日本でサービスインし、現在までに22サービス、100社前後の顧客を抱える。同様のサービスを提供する「GoogleApps」と比べて、よりビジネス指向で、オフィスソフトではWindowsライクなユーザーインターフェースを採用したのが特徴。

 「なかでも『Zoho CRM』はクラウド型CRM「Salesforce.com」と同等の機能をもちながら、価格がその5分の1と安価なのが好評で、国内でCRMの引き合いが非常に伸びている」(松本暁義・Zoho事業/技術リーダー)と好調。これを受けて同社では国内市場で「Zoho CRM」の拡販に力を入れる。...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)