ページの先頭です。

2011/07/21 09:05

[週刊BCN 2011年07月18日付 Vol.1391 掲載]

解説

シネックスインフォテック 改革の手緩めず、成長路線へ

 丸紅インフォテック改め、シネックスインフォテック(シネックスインフォ、ロバート・ファン社長&CEO)が2010年12月に誕生してから約7か月が経過した。ビジネスプロセスサービス大手の米シネックスの創業者で前会長兼CEOのロバート・ファン氏の陣頭指揮の下、「ベストなサービスを最も効率よく提供するディストリビュータ」を目指し、多くの改革を断行。成果が徐々に現われてきている。今年7月11日には、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の松本芳武氏が8月1日付で社長に就任し、ファン氏は会長となることを電撃発表した。変革のスピードをさらに加速しようとしている。(信澤健太)

着実かつ大胆に、事業拡大を目指す

 ロバート・ファン社長は、今年6月、同社が取り扱うベンダーの新製品やソリューションを紹介するイベント「SYNNEX IT Conference 2011 TOKYO」の基調講演で、「ディストリビュータの基本的役割は、できる限り迅速に商材を流通させることにある。物流機能をアウトソーシングすることは、レストランがキッチンをアウトソーシングするようなものだ」と強調した。2010年12月に社長に就任して以来、物流機能の内製化を進め、千葉県柏市と大阪府茨木市に拠点を設置。それぞれ、今年2月と5月にカットオーバーを迎えた。

 旧丸紅インフォテックは、丸紅グループのロジパートナーズに物流業務を委託していたが、米シネックスの傘下に入ったことに伴い、これを変えた。2拠点の施設はロジパートナーズなどと賃借契約を結び、柏市の拠点での運送手配の関わりを除き、「器だけを借りている」(坂元祥浩・執行役員管理部門長補佐兼経営企画部長)状況だ。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年09月12日付 vol.1644
失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

2016年09月12日付 vol.1644 失敗をどう乗り越えるのか オープンイノベーションへ! SIerの挑戦

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)