ページの先頭です。

2011/11/02 09:04

[週刊BCN 2011年10月31日付 Vol.1405 掲載]

解説

グーグル Google Appsビジネスのアクセル踏む パートナービジネスの足固めへ

 グーグル(有馬誠代表取締役)がエンタープライズ部門におけるコラボレーションツール「Google Apps」事業の強化に乗り出した。今年に入り、日本オラクルでグローバルアカウントや製造業を所管する営業担当執行役員を務めた阿部伸一氏が国内のエンタープライズ部門のトップに就任。阿部氏は、中堅・中小企業(SMB)向けの販売パートナーの拡大や販売パートナーに対する支援制度の再構築などを進める考えを示した。(信澤健太)

グーグルの阿部伸一・エンタープライズ部門マネージング ディレクター  グーグルの企業向けサービスは、コラボレーションツール「Google Apps」と地理空間情報サービス「Earth & Maps」、自社ウェブサイトとイントラネット向け検索ソリューション「Enterprise Search」の三つに大別される。なかでも「Google Apps」は、市場が大きく、主力としている事業だ。これらのサービスを取り扱う国内のエンタープライズ部門は7年前に立ち上げたものだ。企業向けサービスを統括する阿部伸一・エンタープライズ部門マネージング ディレクターは、「私が今年2月にグーグルに入社してから、エンタープライズ部門の人員は1.5倍程度に増員した」と、陣容拡大に努めてきたことを説明する。

 阿部ディレクターは、「Google Apps」事業の拡大に向けて、「大きく二つの施策を考えている。一つは、パートナー企業自身が提案から導入、サポートまで一貫して提供できる体制づくりだ。われわれは、これをパートナーイネーブルメントと呼んでいる。パートナー企業の質の向上に加えて、SMB向けのパートナー企業をさらに増やすことも実行したい。SMBは販売機会がまだまだ多く存在する。現在、積極的にパートナー企業を募集しているところだ」と説明する。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)