ページの先頭です。

2012/01/26 09:27

[週刊BCN 2012年01月23日付 Vol.1416 掲載]

解説

サイバーテック XML DBの連携製品・サービス拡大 「NoSQL」分野の開拓を本格化

 国内のXMLデータベース(XML DB)管理システムで国内シェア1位(富士キメラ総研調べ)のサイバーテック(橋元賢次社長)は、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)以外の「NoSQL」と呼ばれる領域の拡大を図っている。RDBMSでは実現が困難だった印刷・出版、流通卸、金融などで使われるデータベース管理をXML DBで可能にするため、DB製品と連携する製品の拡充を急いでいる。現在、同社が「アライアンスパートナー」と呼ぶソフトウェアベンダーは約10社。これを年内に60社程度までに増やし、販売対象の拡大を目指す。[取材・文/谷畑良胤(本紙編集長)]

RDBMSとのガチンコ勝負避ける戦略

橋元賢次 社長  国内XMLデータベース市場は、5年ほど前から急成長し、認知度も高まってきた。XML DBが特許庁など政府・公共機関やEDIに代わる商取引情報の標準書式となったほか、流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)や財務報告用の書式であるXBRLを採用する銀行など業界団体での率先したXMLデータの採用が広がったことが成長の要因となった。とはいえ、XML DB関連ITベンダーが予測するほどには市場は伸びていなかった。それが、iPhone/iPadやAndroid端末の法人利用が拡大するなかで、元データをXMLで一元化し、「ワンソース・マルチユース」の用途が増え、再び注目を集めている。

 XML DBを扱うITベンダーの間では、数年前から「NoSQL」という言葉を用いてRDBMSと一線を画している。「NoSQL」は、RDBMS以外でSQLを使用しないDBを総称したもので、SQLに限らない「Not Only SQL」の略として使う業界関係者も増えている。「NoSQL」データベースはRDBMSにない特徴をもっている。最近の製品では、安価なサーバーを大量に並べて並列処理を行い、処理性能の向上を実現するものも出てきた。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)