ページの先頭です。

2012/08/23 09:04

[週刊BCN 2012年08月13日付 Vol.1444 掲載]

解説

注目の「垂直統合型システム」 両雄の闘い、激化の兆し

 ハードウェアとソフトウェアを統合し、情報システムをシンプルに構成する「垂直統合型システム」がIT業界で注目を浴びている。話題のきっかけとなったのは、日本IBMが今年5月に発表した「IBM PureSystems」だ。日本IBMは、5月にインフラストラクチャの「PureFlex System」を発売したのに続き、8月にはミドルウェアを統合したプラットフォーム「PureApplication System」の出荷を開始し、本腰を入れ始めた。一方、日本IBMに先行して垂直統合型システムの「Exaシリーズ」を展開してきた日本オラクルは、新たなライバルの登場を受けて、「Exaシリーズ」を手がける営業部隊の強化に取り組んでいる。(ゼンフ ミシャ)

アプリケーションの提供方法で差異化

 「Pureさん(IBMのPureSystems)の登場が及ぼす当社への影響は、ほぼゼロとみている」──。日本オラクルで製品事業統括のディレクターとして「Exaシリーズ」の販売を担当する首藤聡一郎氏は、IBMが新しいかたちの垂直統合型システムとして提唱する「PureSystems」を「Exaシリーズ」の競合製品とはみていないことを強調している。日本オラクルは、サーバーやストレージ、ソフトウェアで構成するデータベース(DB)マシン「Oracle Exadata Database Machine」をはじめとする「Exaシリーズ」を、主にオラクルDB製品の既存のユーザー企業に対して提案しており、金融の分野で採用が進むなど、導入事例を積み上げている。オラクルは、IBMに先行して市場開拓に着手したことや、既存のオラクル顧客をターゲットに据えることなどを踏まえて、「PureSystems」の発売による影響は受けない、と表面上は冷静さを保っている。

 垂直統合型システムの企業ニーズについて調査を行っているIDC Japanの福冨里志リサーチマネージャーは、「PureSystemsの発売は、垂直統合型システム市場の勢力図に確実にインパクトを与える」との見解を示している。IDC Japanは、現時点で日本で最も認知率が高い垂直統合型システムは「Exaシリーズ」で、「PureSystems」の認知度はまだそれほど高くないとみているが、今後、日本IBMが本格的に販売活動を展開して市場開拓を推進すれば、他社の垂直統合型システムベンダーのビジネスにも影響が出るというわけだ。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年08月22日付 vol.1641
企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

2016年08月22日付 vol.1641 企業を容量制限から解き放つオブジェクトストレージ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)