ページの先頭です。

2012/08/23 09:06

[週刊BCN 2012年08月13日付 Vol.1444 掲載]

解説

ISVの中国ビジネス 着実に進むチャネル開拓 販売、開発の現地最適化を推進

 日本のISV(ソフト開発ベンダー)が中国での販路開拓を着々と進めている。サイオステクノロジーは、サーバーベンダーとの連携を突破口として、多くの地場ディストリビュータやSIerを販売パートナーに取り込む動きをみせている。また、テンダは中国向けのソフト製品を中国国内で開発することで、現地のニーズをいち早く吸収する体制を強化中だ。両社は、それぞれアプローチの手法は異なるものの、中国市場に根を張るためにあの手この手を駆使して、販路開拓や商品づくりに取り組んでいる。

 サイオス中国法人は本格的な立ち上げから3年目にして、宿願だった中国での販路形成に大きな成果を収めつつある。販売する商材がクラスタやバックアップ系のサーバー用ソフトなので、まずはサーバーベンダーに取り扱ってもらえるよう粘り強く交渉を続けてきた。この結果、2011年末までに中国ヒューレット・パッカード(HP)など複数のサーバーベンダーとの関係を構築。次いで、サーバーベンダーとつながりが深いディストリビュータやSIerの販売チャネルを次々と開拓し、今年7月には上海地区のパートナーの一社に技術サポートセンターを開設してもらうまでになった。

 サーバーベンダー系チャネルを開拓してからのライセンスの売り上げは前年同期に比べておよそ2倍の勢いで伸びており、「向こう3年は年率2倍以上の勢いで売り上げを伸ばす」(サイオス中国法人の岩尾昌則董事長)と鼻息が荒い。チャネル開拓がかたちになるまでは厳しい状態が続き、サイオス日本本社の喜多伸夫社長は「中国法人のスタッフのアクション(活動ぶり)は、100点満点の95点をあげたいが、売り上げ面ではとても及第点とはいかず……」と気を揉んでいた。だが、チャネル開拓を境に収益力は格段に向上し、サイオスグループ全体の連結業績面においても存在感を急速に高めつつある。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの関連記事




PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年06月20日付 vol.1633
急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

2016年06月20日付 vol.1633 急速に売り上げを伸ばす ハイパーコンバ ージドインフラ 企業のIT基盤の主流となるか

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)