ページの先頭です。

2012/09/06 09:07

[週刊BCN 2012年09月03日付 Vol.1446 掲載]

解説

世界大手クラウドベンダーの間隙を突け 国内ホスティングやISP、じわりグローバル化

 サーバーホスティングベンダーやISP(インターネット接続プロバイダ)のグローバル進出が徐々に進んでいる。GMOクラウドは米サンノゼにあるデータセンター(DC)とのマルチロケーションサービスを始めたのに続き、マレーシアの「クアラルンプールDCの立ち上げにも本腰を入れる」(青山満社長)という。また、クララオンラインは中国・ASEAN地域で、インターネットやモバイル領域に特化したサービスの拡充に注力。ニフティは官民ファンドの産業革新機構との合弁会社を通じて、主にASEANでパブリッククラウドサービスの展開を進めている。
 パブリッククラウドの領域で先行するAmazon Web Services(AWS)との差を少しでも縮めなければならないという焦燥感や、既存ユーザーからのグローバル対応への強い要望が国内ベンダーを世界市場へと突き動かす。DCの立地(ロケーション)をオンラインで自由に選べるマルチロケーションサービスをみても、AWSが世界主要地域で早々に展開していたが、海外でのDCの基盤が弱い国内ベンダーの多くは対応が遅れた。日本や北米、ASEANの各DCのロケーションを任意で選べるように準備を進めるGMOクラウドは、国内のホスティング系ベンダーでは最も先駆的な例といえる。
 では、こうした国内ホスティング・ISP系ベンダーの勝機はどこにあるのか。一つには、これまで国内ホスティングサービスを使っている既存ユーザーは、海外向けネットサービスを始めやすくなることがある。ニフティの蔵原寛・クラウド事業部長は「膝を突き合わせて話ができるのは、ユーザーにとってメリットが大きい」とみる。さまざな技術的、価格的な要望を面と向かって強く言える国内ベンダーはユーザーにとって融通の利く相手だというわけだ。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)