ページの先頭です。

2012/09/27 09:07

[週刊BCN 2012年09月24日付 Vol.1449 掲載]

解説

<中国のIT地方都市を歩く>#2 湖北省 武漢市 中部地区最大のハイテク産業都市 充実した教育機関と潤沢なIT人材が魅力

【武漢発】中国中部最大の都市、武漢には、中央政府が認定した国家級のハイテク開発区がある。日中友好条約を締結した1978年には、日本の田中角栄首相が中国の周恩来国家主席に贈った78本の桜が植えられるなど、日本人には馴染みやすい土地だ。この開発区では、数百のハイテク企業が進出するなか、日本のITベンダーの誘致が活発化している。教育機関が集積し、人件費が安く、中国中心部にあって交通の便もいいこの土地は、日本のITベンダーに有益な地であることは間違いない。現地を取材をした。(取材・文/谷畑良胤)

湖北省の省都 武漢市
中国屈指のモデルハイテク開発区

武漢市の王漢軍
招商四局副局長  武漢を流れるアジア最長の河、揚子江に架かる橋梁の設計は、その7割を同市に本社を置く鉄四院や中国船舶設計院などの設計会社が手がけた。武漢市には、橋梁や船舶、道路などの設計会社が集中し、関連するCAD/CAMなど設計関係のシステム会社が集積したことによってIT産業が発展した。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)