ページの先頭です。

2012/10/04 09:06

[週刊BCN 2012年10月01日付 Vol.1450 掲載]

解説

ラネクシー 自社開発製品を拡販 利益率の向上を狙う

 ラネクシー(二瓶孝二社長)が自社開発ソフトのビジネスを拡大しようとしている。ログを一元管理するソリューション「MylogStar」の販売を専門に手がける部門「第二ソフトウェア事業本部」を今年度(2013年3月期)に設置して、自社開発の製品の販売を増やすことで、利益率の向上を狙う。

 ラネクシーは、開発元のメーカーから製品を仕入れて自社ブランドで販社に卸すビジネスを主流にしており、自らを「パブリッシャー」と称している。事業のもう一つの柱として、メーカーからソフトを仕入れて販社に卸すディストリビューションも手がけている。加えて、08年10月にソフト開発のウイングからプロダクトソリューション事業を譲り受けて自社で開発するビジネスにも着手し、09年春から自社開発のログ管理ソフト「MylogStar」を発売している。

 これまでは、パブリッシャー、ディストリビューション、自社開発製品の卸を、一つの営業部門が手がけていた。ところが、開発元メーカーの都合で販売契約の形態が変わってしまった。コーレルによるRoxioの買収もその一例だ。また、ディストリビューションでは、パラレルスの仮想化ソフト「Pararelles Desktop」を独占販売していたが、パラレルスがほかのディストリビュータとの販売契約にも踏み切ったことから、独占販売できなくなった。 ...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2017年04月10日付 vol.1673
Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

2017年04月10日付 vol.1673 Survive or Die !? AI時代のIT業界 2017 今、知っておくべきAIとのつき合い方

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)