ページの先頭です。

2012/10/04 09:19

[週刊BCN 2012年10月01日付 Vol.1450 掲載]

解説

<Industry Chart 業界の今を俯瞰する>医療情報システム市場 電子カルテを中心に拡大基調 2013年には約700億円の上積みか

 医療情報システムが拡大基調にある。原動力になっているのは、システムの中核的存在である電子カルテの販売増だ。2011年に2814億円だった電子カルテ製品の売り上げは、2013年には約700億円増の3512億円へと伸びる見込み。病院や診療所が連携する地域医療ネットワークが進展し、そのネットワークをスマートコミュニティやビッグデータ分析の基盤として機能させるという将来構想もある。(文/安藤章司)

figure 1 「市場規模」を読む
中小病院の電子カルテ普及率は22%にとどまる

 医療情報システムは、中核を占める電子カルテを中心に拡大基調にある。保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)の調べによれば、電子カルテの2011年の売上高は2814億円で、2009年の2086億円から700億円余り増えた。この背景には、電子カルテの普及が依然として行き渡っていないという実状がある。JAHISの資料をもとにした日立メディコによる集計によれば、2011年の200床以上の中規模以上の病院での電子カルテ普及率は約61%だったが、20~200未満の中小病院での普及率は22%、診療所も同じ水準にある。2015年には中規模以上の病院で74%、中小病院で50%程度に普及率が高まると予測されており、向こう数年は電子カルテ導入の需要が一定水準で維持されるものと期待されている。ただし、電子カルテ単品での販売はすでに限界に達しており、病院と診療所の連携といった地域医療ネットワーク化の流れのなかで電子カルテビジネスを捉える必要がありそうだ。
...

続きはBizline会員のみご覧になれます(会員登録無料)

ログイン/新規会員登録
※会員登録すると、記事全文をお読みいただけます(無料)。
BCNランキングBCNマーケティングのID・パスワードはご利用いただけません。
お手数ですが、新規に会員登録を行ってください。

■おすすめの記事





PR

週刊BCN購読のお申し込みはこちら

Bizline会員サービス(無料)のご案内 新規会員登録はこちら

 

PR










ITジュニアの広場

「ITセミナー・イベント」コーナーで注目商品・サービスなどのセミナーを一挙公開!

過去の掲載記事一覧

ITビジネス情報紙「週刊BCN」

ITビジネス情報誌「週刊BCN」
2016年11月28日付 vol.1655
ディープラーニングを加速するITインフラ

2016年11月28日付 vol.1655 ディープラーニングを加速するITインフラ

「週刊BCN」購読お申し込み
BCN Bizline ITを売るパートナービジネスの創造を

「BCN Bizline」は、株式会社BCNが保有する登録商標です。(商標登録番号第5388735号)